CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 今年の秋はミノーが・・・・・。 | main | ルドラSPなどミノーが好調だったエリアは?? >>
何故ルドラSPだったのか??
0
    ディープクランクでよく釣れる漁探の映像は、
    例えば水深4mならボトムから1〜2m、つまり水深3m前後に、ある程度の幅を持って規則性が無くベイトが確認できるライン。

    実際ディープクランクでよく釣れた11月中旬はベイトの反応が途切れることなく300m位続いたエリアが好調でした。

    しかし11月下旬は例年より風も無く、暖かい日が続き、台風・大雨でも変わることの無かった(意図的に放水しなかった)弱い湖流により、
    はっきりとした”水温の層(サーモクライン)”の境目が2.5m付近に出来、バスはそこにサスペンドしていた。この状態は秋というより”春に近い状況”だったのかも??
    実際、冬を先取りしようと、ディープクランクやボトム系の釣りを優先していたアングラーは苦戦していました。

    特に低水温期に威力を発揮し、発売当初から琵琶湖においては”春”に伝説的・爆発的な釣果をたたき出している”ルドラSP”が2〜2.5mで威力を発揮したのでしょう?!
    この2〜2.5mに浮いたバスに対し、琵琶湖ではルドラSPは最強だと思っています。

    スポンサーでもないメーカーのルアーをここまで語っても良いのか??という気持ちはありますが、素晴らしいルアーなので仕方ないです。

    130mmのロングボディー、20gで重心移動、フラットサイドボディーは”角”と”直線”を持ち風を切る。これらの要素は安定したロングキャスト&飛距離を約束し、安定した泳層を約束します。

    シッカリ水をとらえるリップ(長い・大きいという意味だはなく、リップの根元が細くなっていない為、水を逃がさないという意味)も素早くルアーをストライクゾーンへ運んでくれます。
    水をシッカリ掴むという事はトゥイッチング時は手首・腕への負担は大きいです。今年は大丈夫でしたが昨年の秋は完全に手首を痛めました。

    しかし手首を痛めるほどの”抵抗”がルドラSPが釣れる最大の理由なのです。私の理想とするトゥイッチの動きはペンシルベイトのウォーキング・ザ・ドッグ。これを水中で行う。
    ブルブルやヌメヌメのジャークではなく、”シュッ、シュッ”と右・左に瞬間移動するトゥイッチと完全に”ピタッ”とステイ。

    ルドラSPはリップの抵抗が大きいので瞬間的に力が加わるとアングラー(手前)側では無く、ボディー全体が左右に瞬間移動します。
    抵抗のあるリップと横に向いたフラットボディーがブレーキをかけてピタッと止まる。この完全に止まる抵抗が手首には優しくない??のですが、ルドラSPが釣れる最大の要因のひとつ。

    低水温時に有効なアクションは素早い”リアクション”と長くバスに見せて、確実にバイトしてもらうための完全な”ステイ”。
    ルドラSPをトゥイッチングで使用すると、どちらのアクションも完全に行うためよく釣れるという事です。

    タックル ルドラSP
    ロッド:フィッシュアロー モンスタークィーンNEO66X
    ライン:よつあみ D-ARM 14LB
    リール:スコーピオン 1001
    | how to  | 16:10 | - | - |