CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 12日、朝。 | main | 台風一過? >>
昨日のエアークラッシュカーリー。
0
    昨日は”エアークラッシュカーリー”の10gテキサスリグにて、
    ゲストさんにロクマル×2など良く釣れました。

    4.5m前後のウィードアウトサイドのウィードが0.5〜1mのエリア。
    日差しが強くなれば完全にウィード内に入ってしまうエリアで、朝の時間は流れのあたる面をウロウロしている感じです。

    琵琶湖では初夏〜秋まで、ロングカーリーのテキサスリグが有効になります。何故ロングカーリーなのか?
    この時期のバスは基本的に横のアクションより縦のアクションが有効。フォーリング中&着底直後のバイト&着底後のステイ中のバイトが増えます。
    ロングカーリーはテールの抵抗&ボディーの大きさゆえにフォールスピードを抑える事が出来、フォール時間を長くする事が出来るためアピールする時間を稼ぐ事が出来ます。
    ボトム(ウィードフラット)では長さがあるのでウィードに乗せやすい。シンカー部分から背の低いウィード内に入っていってもテール部分はウィードから出たりしてルアーの存在をバスに気付いてもらえる確率が高い。
    またこの季節は湖流&風が弱い事が多く”水の動き”が一年を通しても最も重要になります。
    面積が大きく、薄いテールを備えたロングカーリーテールは少しの水の動きでもステイ中などにゆらゆらと動く可能性は高いです。

    フォールスピードを抑える、ウィードに乗せやすい、テールを持ち上げアピールする、ワームが立ち易く弱い湖流でも動いてくれる。
    細かい気泡が沢山閉じ込められている”エアークラッシュ素材”で出来ている”エアークラッシュカーリー”は最大限に素材の長所を生かしているワームだと思います。

    昨日のバイト全てがステイ中。”コン・コン”、”コツッ・コツッ”といったバイトは無く、いつの間にか吸い込みラインがトルクフルに走っていく事が多かったです。

    ロングワームなので即合わせは禁物。シッカリ送り込んでスイープ気味に大きくあわせる事が重要。
    ラインが走るバイトが出るので感度重視のファーストテーパーのロッドよりは、レギュラーテーパーのトルクのあるロングロッドがいいですね。

    12日のファーストバスは60.3cm。ゲストさんはエアークラッシュカーリー・スカッパノン。

    数投目に、49.5cm。

    再び、数投目に62.5cm。

    私はジュンバグで55cm。ゲストさんとロクマル×2本を喜んで、お話しているステイ中にラインが走って行きました。

    その後も追加しこのバスでカーリーのラッシュは終了し、エアークラッシュ6.6のヘビーテキサスに変更しました。


    タックル
    ロッド:フィッシュアロー モンスタークィーンNEO70XX
    ライン:よつあみ DーARM 16lb
    リール:スコーピオンXT 1501−7
    ルアー:フィッシュアロー エアークラッシュカーリー(ジュンバグ・スカッパノン)10gテキサス。

    ペグ止はしました。普段キャスティングのTX(クロー系、ホグ系、エアークラッシュ6.6などのストレートなど一口サイズ??)ではペグ止めはしないのですが、ロングカーリー&ロングワームは”頭”に確実にバイトさせるためペグ止めしてシンカーとワームを一体化し、比重の重いシンカー部分が”頭”である事を認識させる方がミスバイトが減ります。

    ガイドの空き状況はこちらをご覧下さい。



    | how to  | 08:07 | - | - |