CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ラインについて。 | main | 山ちゃん。 >>
再びラインについて。
0
    再びラインについての話です。
    フィールドへの移動には特に琵琶湖には車でお越しの方が多いと思われますが、
    その際、ロッドガイドにラインは通さない状態で積むことをオススメします。
    車内にロッドベルトで数本のロッドを束ねても、ロッドラックに一本一本並べて積んでも、
    車の揺れや振動があり、ラインが硬い物に触れている限り少なからずラインに細かい傷はつくものです。

    ですからラインはフィールドに到着してからリールのスプールから出し、ガイドに通すのが一番ですし、
    使用するタックルのみガイドに通すのがラインをキズ付けない、劣化を最小限に抑える最良の方法です。

    その日釣りを始めて一投目、数投目に説明のつかない投げ切れは、殆んどの場合車の移動中についた
    傷が原因と思われるので、ガイドにラインを通した状態での移動はほんとに避けたほうが良いですよ。

    その日のファーストキャストは釣りたいルアー、愛着のあるルアーで最も期待し、ドキドキするものです。
    ブ〜ン(キャストの音)、ブチッ(投げ切れの音)、ガラガラ(バックラッシュの音)では最初からテンションが下がりますし、アワセ切れなどしてもバスに対しての罪悪感で一日楽しくないものです。

    ラインはしっかりとした品質のものを選択し、劣化を感じたら交換して、ラインと他の物との接触をなくして
    万全の状態でバスとの知恵比べに挑んでいます。

     
    ガイドの空き状況はこちらからご覧下さい。

    | how to  | 12:18 | - | - |